韓国首相「誠意をもって対応」=徴用工判決は司法の問題

 【ソウル時事】韓国の李洛淵首相は19日、日韓協力委員会の渡辺秀央会長代行(元参院議員)らとソウル市内の庁舎で会談した。渡辺氏によると、李首相は席上、韓国最高裁が元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じる判決を下したことについて「難しい問題が起きているが、司法の問題であって、行政として十分誠意をもって対応していきたい」と述べた。(2018/11/19-15:42)

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111900671&g=soc

コメント