金融商品取引法 経営者の検挙事件続き成立

 日産のカルロス・ゴーン会長が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕された事件。同法は投資ファンドなどによる証券取引法違反事件が続発したことを受け、市場の規制強化を目的に2006年6月に成立した経緯がある。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181120/k00/00m/020/112000c

コメント