野党分裂で波乱含みのコンゴ大統領選

 12月23日投票の大統領選挙を前に、コンゴ民主共和国の政局が大きく動いている。主要野党7党は今月11日、実業家のマルタン・ファユル氏を統一候補とすることで合意したが、翌日に最大野党の党首が合意からの離脱を表明。2001年から実権を握り続けてきたカビラ大統領の後任を選ぶ選挙は波乱含みの様相を強めてい

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181117/mog/00m/030/030000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント