米司令官、インド太平洋の連携訴え=中国の軍事拠点化、脅威に対抗

 【ワシントン時事】米インド太平洋軍のデービッドソン司令官は17日、カナダ東部ノバスコシア州で開かれた「ハリファクス国際安全保障フォーラム」で、中国がインド太平洋地域で航行や飛行の自由を脅かしていると批判した。その上で、「われわれは東南アジア諸国連合(ASEAN)を支援し、共に立ち上がらなければならない」と述べ、連携を訴えた。 デービッドソン氏は「中国は(南シナ海で)国際法や他国の正当な領有権主張を無視し、(人工島などの)違法な建設を進めている」と指摘。さらに、ひそかに人工島に対空ミサイル(SA

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111900128&g=int

コメント