盗撮やのぞき 高学歴の男性多く、常習化

 盗撮やのぞきで性依存症の外来診療を受診した患者の多くは高学歴の男性で、初診までに平均約1000回盗撮を繰り返している--。性依存症の治療を受けている患者を対象とした調査で、盗撮の加害者像が浮かび上がった。国内では盗撮の加害者に関する調査はほとんどなく、常習化している実態が初めて明らかになった。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181120/k00/00m/040/040000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント