日産ゴーン会長を逮捕へ=役員報酬過少申告か-金融商品取引法違反・東京地検特捜部

 日産自動車(本社・横浜市)のカルロス・ゴーン会長(64)が役員報酬を実際より少なく見せ掛け、有価証券報告書に虚偽記載した疑いがあるとして、東京地検特捜部が金融商品取引法違反容疑で事情聴取していることが19日、関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、逮捕する方針。ゴーン氏、日産再建で辣腕=三菱自支援も決断 関係者によると、ゴーン氏は自らの報酬について、実際より少ない額を有価証券報告書に記載して財務局に提出した疑いが持たれている。 同社の有価証券報告書によると、2016年度のゴーン氏の報酬は1

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111900805&g=soc

コメント