初公判 弁護側「心神耗弱状態」主張

 東京都港区新橋のキャバクラ店で昨年夏、勤務中の与島稜菜(りょうな)さん(当時19歳)が店の経営に関与していた伊藤英治郎被告(32)=傷害致死罪で起訴=から激しい暴行を受けて死亡する事件があり、その裁判員裁判の初公判が19日、東京地裁(家令和典裁判長)であった。伊藤被告は起訴内容を認めたが、弁護側は

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181120/k00/00m/040/028000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント