再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

 日産自動車に20年近く君臨した同社会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が19日、同社の有価証券報告書に自らの役員報酬を約50億円過少記載した容疑で東京地検特捜部に逮捕された。徹底した合理化で経営危機に陥った同社を立て直したカリスマ経営者は、過少記載で私腹を肥やしていたのか。社員に衝撃と動揺が広がっ

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181120/k00/00m/040/099000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント