ピカソ名画、無事発見か=オランダで6年前盗難-ルーマニア

 【ブカレストAFP時事】オランダ西部ロッテルダムのクンストハル美術館から2012年、ピカソやモネなどの名画7点が盗まれた事件で、ルーマニアの首都ブカレストの検察当局者は18日、このうち1点とみられる絵が発見されたと明らかにした。関係者によると、ピカソの「アルルカンの頭部」ではないかとして鑑定中という。絵の下に新聞紙発見=ピカソ「海辺の母子像」 「世紀の盗難」(オランダのメディア)と言われた事件をめぐっては、既に犯人グループのルーマニア人4人が逮捕、収監されている。うち1人の母親は当初、証拠隠滅

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111900158&g=int

コメント