調布小型機墜落「重量超過が原因」と判断=業過致死傷容疑で書類送検へ-警視庁

 東京都調布市で2015年7月、民家に小型機が墜落し8人が死傷した事故で、警視庁が原因について、機体の重量超過などによる失速と判断していたことが18日、関係者への取材で分かった。 同庁調布署捜査本部は、機体を管理していた「日本エアロテック」(同市)の小山純二社長(65)と、事故で死亡した川村泰史機長=当時(36)=を業務上過失致死傷容疑で書類送検する方針を固めており、詰めの捜査を進めている。 事故は15年7月26日午前11時ごろ発生した。小型機が調布飛行場を離陸した直後、近くの住宅街に墜落して炎

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111800280&g=soc

コメント