続く苦しみ「多くの人も考えて」

 汚染された食用油によって、消費者のその後の人生を狂わせた「カネミ油症」の発覚から半世紀の節目を迎えた。多くの被害者が出た離島の長崎県五島市で17日にあった記念行事には、今もつらい症状と闘う患者や支援者らが集い、二度と被害が起きないよう願った。【浅野翔太郎】

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181118/k00/00m/040/124000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント