父親が手記「私の背中そっと支える」

 2004年11月に奈良市立富雄北小1年だった有山楓(かえで)さん(当時7歳)が誘拐・殺害された事件から17日で14年を迎えるのに合わせ、父茂樹さん(44)が奈良県警を通じて手記を発表した。歳月が流れても薄れることのない悲しみや、子どもたちの命を守る社会の実現への願いがつづられている。全文は次の通り

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181117/k00/00m/040/192000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント