殺害告白の上申書覆す「虚偽だった」

 死刑確定後に2件の殺人事件を告白し、殺人罪に問われた指定暴力団住吉会系元会長、矢野治被告(69)の裁判員裁判は16日、東京地裁(楡井<にれい>英夫裁判長)で被告人質問があった。矢野被告は2件のうち1件について「自分で首を絞めて殺した」と告白した4年前の上申書の内容を「虚偽だった」と覆した。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181117/k00/00m/040/200000c

コメント