フェイスブック、投稿削除めぐる第三者組織設立へ

【サンフランシスコAFP=時事】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは15日、同社サイトからのコンテンツ削除について最終的な判断をする第三者組織を設立すると発表した。(写真は米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者) 各国の規制当局や活動家らから暴力的で不適切なコンテンツを根絶するよう求められる中、同社はヘイトスピーチ(憎悪表現)など利用規約に反する投稿を迅速に検知する能力を強化したと報告している。 現在、人工知能(AI)で検出されるか、利用者から通報のあったコンテンツは、

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=20181116037912a&g=afp

コメント