記者殺害で別の録音か=サウジ検察説明と矛盾-トルコ紙

 【エルサレム時事】トルコ紙ヒュリエト(電子版)は16日、サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がイスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件をめぐり、トルコ当局が計画的な殺人であることを裏付ける「別の録音」を入手していると報じた。事実なら、事前に計画されていたことを否定するサウジ検察当局の説明が覆されることになる。サウジ検察、記者殺害で5人に死刑求刑=皇太子は関与せず 同紙によると、トルコ当局はカショギ氏が殺害された際の7分間の録音とは別に、殺害前の様子についての15分間にわたる録音を所持

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111601095&g=int

コメント