操縦士飲酒問題で社長陳謝 国交省に報告書

 日本航空のロンドン発羽田行きの副操縦士が大量飲酒を理由に英国の現地警察に逮捕されたことを巡り、同社は16日、国土交通省に、再発防止策や問題の経緯をまとめた調査報告書を提出した。国交省を訪れた日航の赤坂祐二社長は「多大なご迷惑をおかけして申し訳ない。再発防止策を実行したい」と謝罪した。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181116/k00/00e/040/248000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント