副操縦士、検知器に息吹きかけず JAL「意図的不正」

 日本航空の副操縦士が乗務前の飲酒でロンドンの警察当局に逮捕された事件で、日航は16日、副操縦士が社内のアルコール検査では息を検知器に適切に吹きかけず、意図的に不正を行った、などとする報告書を国土交通…

出典
http://www.asahi.com/articles/ASLCJ35L6LCJUTIL005.html

コメント