サウジ検察、記者殺害で5人に死刑求刑=皇太子は関与せず

 【ドーハ時事】サウジアラビア検察当局は15日、サウジ人記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件をめぐり、殺害の命令と実行に関与したとして、容疑者のうち5人に死刑を求刑したことを明らかにした。一方、ムハンマド皇太子は関与していなかったと述べた。AFP通信などが報じた。記者殺害「ボスに伝えて」=サウジ皇太子に近い容疑者-米紙 検察当局によれば、新たに3人が拘束され、容疑者は21人となった。これまでに容疑者11人を訴追したという。 検察当局の説明によれば、サウ

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111501271&g=int

コメント