贈賄側の元会社役員、二審も有罪

 成田空港の物品納入を巡る汚職事件で、成田国際空港会社法違反(贈賄)に問われた元会社役員、越川勝典被告(48)の控訴審判決で、東京高裁(大熊一之裁判長)は15日、懲役1年2月、執行猶予3年とした1審・東京地裁判決を支持、被告の控訴を棄却した。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181116/k00/00m/040/015000c

コメント