教育主事、女子高生に体液 容疑を否認

 女子高校生の服などに体液をかけたとして、京都府警上京署は15日、府教育庁指導主事、平田匡嘉(まさひろ)容疑者(50)を暴行と器物損壊の疑いで逮捕した。体液のDNA型が平田容疑者のものと一致したが、「やっていない」と容疑を否認しているという。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181115/k00/00e/040/279000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント