C型肝炎訴訟 関係者証言などなしで4000万円支払い和解成立

C型肝炎に感染した愛知県の女性が、出産時に投与された血液製剤フィブリノゲンが原因だとして国に賠償を求めた裁判で、国と製薬…

出典
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181114/k10011710791000.html

コメント