非常勤労災、改正も「過去は適用せず」

 自治体職員の公務災害(労災)を巡り、非常勤職員やその遺族にも労災認定の請求権を認めるよう求めた総務省の通知を受け、北九州市が10月に条例規則を改正しながら、改正前の労災は対象としないと決めたことが、市への取材で判明した。総務省の通知は、自殺した同市の元非常勤職員の遺族の訴えがきっかけだったが、遺族

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181114/k00/00m/040/190000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント