意見陳述で遺族「両親返して」 来年3月結審

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の公判は14日、東京地裁(永渕健一裁判長)で被害者遺族が意見陳述した。事故で長期避難を強いられ、家族を亡くした2人が出廷し「両親を返してほしい。誰一人、責任を取っていないのは許せない」などと訴えた。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181115/k00/00m/040/037000c

コメント