入れ墨彫師の男性に逆転無罪=「医業に当たらず」-大阪高裁

 医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)の施術をしたとして、医師法違反罪に問われた彫師の増田太輝被告(30)の控訴審判決が14日、大阪高裁であり、西田真基裁判長は罰金15万円とした一審大阪地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。 西田裁判長は「タトゥーは装飾的ないし象徴的な要素や美術的な意義があり、医療を目的とする行為ではないことは明らかだ」と述べ、施術は医師法が規定する医業には該当しないと判断した。 一審大阪地裁は昨年9月、「タトゥーの施術は医療行為」で、医師が行わなければ保健衛生上、危害を生じる恐

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111400824&g=soc

コメント