児童ポルノ製造容疑、警部補を書類送検

 広島県警の警部補(当時)が女子児童にわいせつな画像を撮影させて自身の携帯電話に送らせたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで9月に書類送検されていたことが分かった。県警は同月、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、警部補は依頼退職した。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181114/k00/00e/040/260000c

コメント