「根拠不十分」「机上の空論」=政府試算に野党反発-外国人就労

 外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案をめぐり、政府が5年間で最大34万人強を受け入れるとの試算を公表したことに対し、野党各党は14日、「根拠は一切示されていない」(国民民主党の玉木雄一郎代表)などと一斉に反発した。野党は合同ヒアリングを開き、関係省庁に説明を求めた。 野党側は試算の提示を改正案の審議入りの前提と位置付けていた。玉木氏は記者会見で「非常に不十分な内容だ。信頼できるものかどうかも分からない。これでは十分な審議ができない」と批判した。 立憲民主党の山尾志桜里法務部会長も

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111401080&g=pol

コメント