韓国首相が専門家の意見聴取「年内に方向性」

 【ソウル堀山明子】韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は13日、元徴用工訴訟で新日鉄住金に賠償を命じた韓国最高裁判決を受けた韓国政府の対応策をまとめるため、日韓関係の専門家約10人を集めた会合を開き、意見聴取に着手した。出席者によると、李首相は「専門家からの知恵を集め、年内に方向性を示したい」と述べ、

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181114/k00/00m/030/082000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント