ハンセン病遺族の賠償請求棄却 除斥期間理由に

 ハンセン病患者に対する強制隔離政策で人権を侵害されたとして、男性患者(73歳で死亡)の孫ら4人が、国に計約3000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は13日、訴えを退けた1審・神戸地裁判決を支持し、遺族側の控訴を棄却した。藤下健裁判長は、損害賠償請求権が消滅する民法の「除斥(じょせ

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181114/k00/00m/040/120000c

コメント