カラーコピーの1万円を神社で使用 福岡地裁で猶予判決

 偽造した1万円札を神社で使ったとして、通貨偽造・同行使罪に問われた福岡県飯塚市の無職、広田千尋被告(41)の裁判員裁判で、福岡地裁(中田幹人裁判長)は13日、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年)の判…

出典
http://www.asahi.com/articles/ASLCF4DN5LCFTIPE019.html

コメント