不動産ADRを活用する「サブリース投資マンション等被害者センター」設立

2018年10月19日、「シェアハウス等ADR総合対策室」を開設しているNPO法人日本住宅性能検査協会は「サブリース投資マンション等被害者センター」を設立しました。当センターでは、一棟マンション・アパートに関するサブリース契約を結んでいるオーナーを対象に、サブリーストラブルの被害相を受けると共に、不動産ADRを活用したトラブル解決支援をします。●シェアハウス等ADR総合対策室WEBサイト→https://adr.sltcc.info/

出典
https://www.value-press.com/pressrelease/211262

コメント