「1月4日召集」説が浮上 参院選に複数選択肢

 来年の通常国会の「1月4日召集」説が自民党内で浮上している。この日に召集すれば参院選の投開票日を複数から選択できるが、召集が遅れると公職選挙法の規定で期日が事実上、一つに決まってしまうためだ。衆参同日選挙をちらつかせて野党をけん制する思惑もある。【田辺佑介】

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/senkyo/articles/20181110/k00/00m/010/219000c

コメント