「薬物防止」講師認定の住職、覚醒剤使用で逮捕

 九州厚生局麻薬取締部小倉分室は9日、北九州市若松区桜町、「片岡不動尊」住職永住政己容疑者(57)を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕したと発表した。永住容疑者は子供たちに薬物の乱用防止を呼びかける講師の認定を受けていた【社会】

出典
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181109-OYT1T50143.html

コメント