110キロ「速度超過事故なし」

 昨年11月から試験的に最高速度を110キロに引き上げた新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)-森掛川ICの50キロ区間について、静岡県警は8日、引き上げから1年間の事故発生状況(速報値)などを発表した。同区間では計227件の事故が起き、前年同時期に比べて5件増えた。しかし、人身事故は26件

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181109/k00/00m/040/094000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント