造船工業会:早期の供給過剰解決を期待、日本政府の対韓国協議要請で

日本造船工業会の加藤泰彦会長は、韓国政府が自国の造船企業に過剰な公的支援を行っていることはWTO協定に違反する疑いが強いとして日本政府が提訴の前提となる二国間協議を要請したことは「ありがたいこと」だとし、世界的な船舶の供給過剰が早急に解決されることを期待するとの考えを明らかにした。

出典
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-08/PHT7AN6TTDSE01?srnd=cojp-v2

コメント