競馬脱税、二審も有罪 国税調査の違法性言及も

競馬の配当で得た所得を申告せず約6200万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われた大阪府寝屋川市固定資産税課の元課長、中道一成被告(48)の控訴審判決が7日、大阪高裁であった。樋口裕晃裁判長は

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37508170Y8A101C1000000/

コメント