入管法案日程綱渡り 改憲自民案も暗礁

 2018年度補正予算が成立し、今後は外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案が焦点となる。12月10日の会期末までに成立させるためには日程の余裕が少ない中、野党は徹底審議を要求しており、政府・与党は綱渡りの国会運営を強いられそうだ。衆院憲法審査会に自民党の憲法改正条文案を提示する環境が整う見通

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181109/k00/00m/010/130000c

コメント