セッションズ米司法長官は辞任か解任か、モラー検察官の命運左右も

2016年米大統領選へのロシアの干渉疑惑を捜査するモラー特別検察官は、セッションズ米司法長官が自発的に辞任したわけではなくトランプ大統領に更迭されたと主張し、マット・ウィタカー氏を司法長官代行に起用する人事に異議を申し立てる可能性がある。元連邦検事のレナート・マリオッティ氏がこう指摘した。

出典
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-08/PHUYRD6JIJVQ01?srnd=cojp-v2

コメント