スルガ銀、背水の陣 預金流出、再建へ大なた

 スルガ銀行が2018年9月中間連結決算で多額の赤字を計上するのは、不正融資問題のうみを一気に出し切り、経営再建を早く軌道に乗せる狙いがある。岡野光喜前会長ら旧経営陣の提訴に踏み切るのも、創業家による支配からの決別を目指すためとみられる。しかし、不正融資問題を受けてスルガ銀の信用は失墜し、既に預金流

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181108/k00/00m/020/211000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント