グアテマラでの邦人女性2人の死傷確認=宗教団体「住民とは良好な関係」

 【サンパウロ時事】中米グアテマラ北部ペテン県で現地在住の日本人女性2人が何者かに襲われて死傷した事件で、2人が信仰する宗教団体「エホバの証人」の中米支部は5日、時事通信に対し、死亡したのがキモト・ユリカさん(26)、負傷したのがモロサワ・チエさん(28)と確認した上で「われわれの姉妹である2人に起こったことをとても残念に思う」と述べた。邦人女性が死傷、強盗か=グアテマラ エホバの証人によると、2人はボランティアとして現地で約3年前から布教活動していた。近隣住民との関係は良好だったという。3日夜

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110600357&g=int

コメント