「過激な発言」自制を=徴用工判決で韓国首相

 【ソウル時事】韓国の李洛淵首相は7日、声明を出し、最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じた判決について、「日本政府指導者たちが過激な発言を続けている」と述べ、「深い憂慮」を表明した。その上で、「日本政府指導者たちの賢明な対応を要望する」と自制を呼び掛けた。韓国外務省も6日に同様の立場を発表しているが、この問題を統括している知日派の李首相自らが声明を出し、対応に乗り出した形だ。新日鉄住金に近く申し入れ=元徴用工訴訟で原告側 李首相は「判決は、1965年の韓日基本条約を否定したのではなく、条約を

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110701062&g=pol

コメント