19歳少年「強盗目的の殺害」認める

死体遺棄罪の共謀は認めず  名古屋市西区のパート従業員、野田みゆきさん(当時53歳)が殺害され滋賀県内で遺体で見つかった事件で、強盗殺人と死体遺棄の罪に問われた元アルバイトの少年(19)の裁判員裁判初公判が7日、名古屋地裁(吉井隆平裁判長)で開かれた。少年は「強盗目的で殺したことは間違いないが、(野

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181107/k00/00e/040/281000c

コメント