神社で偽札の動機「神様なら助けてくれるかも」

41歳男の初公判、起訴内容を認める  1万円札をカラーコピーして福岡県内の神社で使ったとして、通貨偽造などの罪に問われた福岡県飯塚市の無職、広田千尋被告(41)の裁判員裁判の初公判が7日、福岡地裁(中田幹人裁判長)であった。広田被告は起訴内容を認め、弁護側は冒頭陳述で、生活費に困って「神様なら助けて

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181107/k00/00e/040/287000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント