柔軟な認定で1人でも多く救済を

旧優生保護法の下で障害者らに不妊手術が行われた問題で、被害者救済のための議員立法の方向性は固まったが、被害者側との意見の違いも大きい。実際に救済につなげるには課題が残る。不妊手術を受けたのは約2万5

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37481440X01C18A1CC1000/

コメント