強制不妊「反省とおわび」明記、一時金支給へ 超党派議連が救済法案骨子 

旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、超党派の議員連盟(会長・尾辻秀久元厚生労働相)は7日、救済法案の骨子をまとめた。法…

出典
https://www.sankei.com/life/news/181107/lif1811070030-n1.html

コメント