前町長が突然の宣言、談合を疑った 的中した暴走の予感

 福岡県鞍手町の前町長、徳島真次被告(59)が関わったとされる官製談合や収賄事件の初公判が8日、福岡地裁である。初当選時は町への新風を期待されていた前町長。だが、地元関係者らの証言からは、次第に町政を…

出典
http://www.asahi.com/articles/ASLC1643XLC1TIPE020.html

コメント