健康保険、国内居住要件に 外国人の不適切利用防止

扶養親族厳格化、法改正へ  政府は、外国人による公的医療保険の不適切利用を防ぐため健康保険法を改正し、適用条件を厳格化する方針を固めた。加入者の被扶養親族が適用を受けるためには、日本国内に居住していることを要件とする方向で検討している。来年の通常国会への改正案提出を目指す。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181107/k00/00e/040/228000c

コメント