覚醒剤製造で17歳逮捕、爆薬製造の少年と交流

 大学1年だった名古屋市緑区の元男子学生(19)(自主退学)が殺傷能力の高い爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造したとして逮捕された事件で、愛知県警は6日、茨城県古河市の自称派遣社員の少年(17)を覚醒剤取締法違反(【社会】

出典
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181106-OYT1T50066.html

コメント