覚せい剤原料提供か少年逮捕=爆薬事件の元学生に-愛知県警

 高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造したなどとして名古屋市の元男子大学生(19)=爆発物取締罰則違反などの非行内容で家裁送致=が逮捕された事件で、愛知県警名東署捜査本部は6日までに、覚せい剤取締法違反(製造)の疑いで、茨城県古河市の自称派遣社員の少年(17)を新たに逮捕するとともに、元学生を追送検した。爆薬事件学生宅に覚せい剤=「興味本位で作った」-所持容疑で再逮捕・愛知県警 捜査本部によると、少年は覚せい剤の原料を調達し、元学生に提供した疑いが持たれており、容疑をおおむね認めている

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110600423&g=soc

コメント