沈黙続ける韓国政府=徴用工判決から1週間-相次ぐ訴訟相談

 【ソウル時事】韓国最高裁が新日鉄住金に元徴用工への賠償を命じた判決を確定してから6日で1週間。日本政府は韓国政府の出方を見極める考えだが、韓国側は対応を示さず、沈黙を続けたまま。一方、韓国では訴訟に関する相談が公的機関に相次ぎ、判決の影響が広がりつつある。韓国外相、慰安婦問題「日本は誠意ある措置を」=財団の解散検討確認 「関係省庁と専門家を交え、政府の対応を決める」。韓国外務省副報道官は6日、政府の対応をめぐり、これまでの説明を繰り返した。韓国は文在寅大統領を正面に立てず、知日派の李洛淵首相を

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110600976&g=soc

コメント