捕縄と手錠18時間拘束、食事なし…県警に警告

 神奈川県弁護士会(芳野直子会長)は5日、県警が戸塚署の留置場で2016年と17年に不当に留置人の体を拘束し、けがを負わせたなどとして、県警に再発防止を求める警告書を2件送付したと明らかにした。申立人から人権救済申し立て【社会】

出典
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181106-OYT1T50035.html

YOMIURI ONLINE
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント